吉滝とは

おじろとは・・・

旧美方町、現美方郡香美町小代区、近畿北部、兵庫県の日本海側に位置する村々を指します。合併した香美町は、南北30kmにも続く、広大な大自然を有する地であり、小代は、山間に囲まれた、雪の厳しい場所でもあることから、力強く生きてきました。

吉滝・久須部渓谷エリア

雄大な山々に抱かれた美しい渓谷の里、小代。人々は、山間部にできたわずかな平坦地や傾斜面に家や田畑を作り、自然と融合して暮らしてきました。豊富な水と多様な地質は、数多くの滝や渓谷を作りました。

日本の棚田百選うへ山

地すべりによりできた緩斜面を利用した棚田で、「日本の棚田百選」に選ばれています。棚田には、雨水や地下水を自然に蓄えて、洪水を防ぐ「緑のダム」という防災の役割があります。棚田米の美味しい理由は、山あいのきれいな谷水と空気で育つこと。そして、米の味を決める登熟期に最も気温差が大きくなり、糖度が増すためです。

吉滝の魅力

兵庫県指定天然記念物の吉滝は、上段23m、下段5m、計28mの高さがあり、約300万年前の火山活動で流れ出した溶岩(安山岩)でできています。滝つぼの背後にある洞窟中に「吉滝神社」があり、滝を裏側から見られることから「裏見の滝」と呼ばれる珍しい滝です。滝の左右にある岩盤の割れ目からは、銀滝(左側)と金滝(右側)が流れています。

但馬牛・和牛のふるさと

農耕用に暮らしの中で育てられた牛は、やがて但馬牛として和牛の祖になりました。山と人の暮らしが織りなす風景はまさに芸術です。全国の黒毛和種繁殖雌牛の99.9%の個体が、小代の牛「田尻」の血統に繋がると全国和牛登録協会の報告にもあります。

但馬牛について、知りたい方は、小代物産館内に「但馬牛ミニミニ博物館」がございます。入場無料で貴重な資料や写真が展示してあります。

近所のアウドドアスポット

他にもある小代の魅力

ふるさと小代の魅力は、自然が豊富なことを活かして、様々な田舎を肌で感じていただけるおもてなしの村々です。

みかた残酷マラソン全国大会

全国でも珍しい、山や谷の織りなす、上や下に行くコースは、小代区内各所をかけめぐります。田舎の風景が所狭しと拡がる風景は、大自然を満喫できる健康の頂点でもあります。高低差400m、毎年6月頃に開催。

日本で最も美しい村に加盟

失ったら二度と取り戻せない、日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す運動をフランスに続いて、日本でも始められました。多様な美しさの発見を目指しています。

山陰海岸ジオパーク

兵庫、鳥取、京都の日本海側を中心とした地域一帯には、日本一の夕陽が眺められる香住地域をはじめ、たくさんの魅力あふれる観光スポットが盛りだくさんです。